インフォバーン総研「ソシエタ」は、2014年6月1日より、新メディア「インフォバーン総研」として生まれ変わりました。最新記事は「インフォバーン総研」にて、お楽しみください。


トップ
/ ニュース
/ 無印良品がリアルいいね!企画を開始! コーディネートの「いいね!」を店舗で可視化

無印良品の企画、開発する株式会社良品計画は、「いいね!カウンター」を日本で初めて採用した店舗とSNSの連携企画「KNIT Like COLLECTION (ニットライクコレクション)」を11月16日(金)~26日(月)に行うと発表しました。実施店舗は有楽町店とのこと。

今回の取り組みは、無印良品の選抜スタッフが選んだニットコーディネートの中から、一般のお客さんがFacebook経由で投票できるというもの。コーディネートはウェブ上、店舗のどちらでも見ることができ、店舗では各コーディネートのいいね!数を確認することが可能となります。

店員おすすめのコーディネートがソーシャル上で広まることで、着こなし方を知ってもらうと同時に、ショップ店員とのつながりを持ってもらうことが目的となっています。

以前、ソシエタでは、「拡張するフェイスブックの「いいね!」-GAP、ap bank fesの事例2選+ガジェット2選-」という記事を公開。ここでは、国内のリアルいいね!の取り組みやガジェットについて紹介しました。

その中には、ファッションブランドのGAPの事例もあり、ファッションとリアルいいね!の相性は良いのではないかと思います。

無印良品のFacebookページのファンは、現在89万人を超え、今回のリアル×ソーシャルの連動企画がどのような反響を生む出していくのか注目していきたいですね。

[良品計画]

(佐藤慶一)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ