インフォバーン総研「ソシエタ」は、2014年6月1日より、新メディア「インフォバーン総研」として生まれ変わりました。最新記事は「インフォバーン総研」にて、お楽しみください。


トップ
/ 事例
/ ボブ・ディラン×位置情報アプリ! 決まった場所へ行くと最新アルバムが無料でダウンロードできるキャンペーン

最近、Miranda LambertLINKIN PARKなどの音楽×ソーシャルメディア事例を紹介してきました。今回は、ボブ・ディランが9月11日から行っているキャンペーン「Listen to Bob Dylan(ボブ・ディランを聴こう)」を紹介。テクノロジーをあまり好まないというディランですが、位置情報を使ったiPhoneアプリを活用したキャンペーンを展開しています。

最新アルバム「Tempest」のプロモーションでは、特設サイトが立ち上がり、アプリをダウンロードすることが可能(iPhoneのみ可能)。使い方は色々な場所を訪れることで無料でアルバム収録曲を聴くことができるとのこと。

アプリに表示される場所としては、レコードショップや始めてステージでギター演奏した場所などディアンにゆかりのある場所が挙げられます。5年前にもアルバムのプロモーションでFacebookアプリを利用したりと、最新テクノロジーを好まないのが嘘みたいにうまく活用できていると感じます。

このキャンペーンでは、ディランゆかりの地を実際に訪れることが必要なので手間がかかります。しかし、その地で音楽を聴くことでまた違った体験が与えられるのではないかと思います。冒頭でも紹介して通り、ソシエタでは「音楽×ソーシャルメディア」の事例を取り上げることは多いですが、引き続き注目して事例を追っていきたいです。

[listentobobdylan.com via Mashable]

(佐藤慶一)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ