インフォバーン総研「ソシエタ」は、2014年6月1日より、新メディア「インフォバーン総研」として生まれ変わりました。最新記事は「インフォバーン総研」にて、お楽しみください。


トップ
/ 事例
/ ソーシャル上で30万人以上のファンを持つラッパーが、写真共有アプリ「Instagram」でコンテストを開催!

今回紹介するのは、米ヒップホップ誌XXLにて「今年活躍する期待のMC10人」にも選ばれているラッパー「Macklemore & Ryan Lewis(マックルモア&ライアン・ルイス)」のニューシングルに発売にあたり、行われたキャンペーン。

シングルタイトルの「Thrift Shop(リサイクルショップ・中古品屋)」に合わせて、ひときわ目立ったリサイクル品と映っている写真を写真共有アプリ「Instagram」で募集しました。

マックルモアはソーシャルメディア上でのファンも多くFacebookページでは約22万人、Twitterのフォロワーは8万人、Instagramのフォロワーは3万人、述べ33万人もいることになります。そのファンの中から、この写真コンテストには400人ほどが出場。上にあるのは、見事優勝した方の写真です。
マックルモアは、”この国旗も、ジャンプスーツも、リサイクルショップにいることも、そしてこのポーズもすべてクリエイティブだ”とコメントしています。

海外では、このように有名人や歌手が、ソーシャルメディアを使ってファンをどんどん動員しています。日本でも有名人や歌手が ソーシャルメディアを利用してどのようなキャンペーンを行っていくのか注目していきたいですね。

[via Mashable]

(佐藤慶一)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ