トップ
/ 事例
/ スキップされるだけのYoutube広告はもう終わり! チリの環境団体がアクションを促す広告キャンペーンで話題に

動画のはじまりにちょくちょく流れるYoutube広告。スキップする方が、大多数なのではないでしょうか。

今回紹介するチリのとある環境団体の行うキャンペーンでは、「スキップすること」から発想の転換し、メッセージ性のあるYoutube広告を展開しています。Youtubeの広告といえば、だいたいが5秒でスキップできますよね。そこで、このスキップする人たちの意識を逆手にとって、環境に対する人々の意識も向上するような広告キャンペーンを行いました。

「1分間使わない水を垂れ流しにすることは、コップ40杯分もの水を無駄にしています。」とのメッセージ。その右にSkip ad(広告をスキップ!)と並んで表示されているのは「Skip behavior(行動をスキップ!)」。

こちらには、「1日中つけっぱなしの電球のエネルギー分で、3回分洗濯をすることができます」とあります。このようなメッセージを目にすると、広告をスキップすると何となく罪悪感も残り、かといって行動をスキップするのも…非常にアイロニカルなメッセージが発せられていますね。

気になるキャンペーンの効果は、たった1週間で8万人もの人が広告をスキップすることをやめ、自分の習慣を変えることにしたとのこと。たった5秒から、日々の習慣を変えるように訴求している注目のキャンペーン。ぜひ動画でチェックしてみてください。

[via digitalbuzzblog]

(佐藤慶一)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ