インフォバーン総研「ソシエタ」は、2014年6月1日より、新メディア「インフォバーン総研」として生まれ変わりました。最新記事は「インフォバーン総研」にて、お楽しみください。


トップ
/ コラム
/ ”ソーシャルメディアサミット in 関西”開催にあたって制作されたビデオ「Social Media Revolution in Japan」が秀逸!

「ソーシャルメディアサミット in 関西」開催に向けて制作された日本におけるソーシャルメディアの進化と現状に関する動画が、最近Twitter、Facebook上で多くシェアされていました。今回は、そのビデオを基に、日本の現状を知ることができる貴重なデータを共有したいと思います。

以下、ビデオ内に出てくる情報をまとめてみます。

日本におけるソーシャルメディアの進化と現状

日本のソーシャルメディア人口は、総人口の40%にあたる5060万人。そのうち、情報発信者は65%にあたる3290万人で、そのうち71%がスマートフォンからSNSを利用しているとのこと。

日本国内ユーザーが推定2000万人を超えるSNSの”Twitter“は、
同じ場を共有するツールとして、「天空の城ラピュタ」の「バルス祭り」の1秒間での同時ツイートは2万5088件にものぼることもありました。

日本が持つソーシャルメディアについて

【国内サービス】

・”ニコニコ動画
→動画の画面上にユーザーのコメントを流していくことができる、投稿動画配信サービス
→登録会員数は2725万人で、20代の会員数は1144万人(20代の人口の約85%に匹敵)
→1日の平均PVは1億451万PV、1日当たりの平均滞在時間は102.5分
→リアルイベント「ニコニコ超会議」‐会場来場者9万2384人、ネット来場者347万766人

・”初音ミク
→CGM(Consumer Generated Media:消費者生成メディア)で、みんな作品をつくる文化
→音声合成ソフトのキャラクターとして生まれ、ニコニコ動画には、9万件以上の投稿、再生回数860万回以上の動画

・”mixi
→クローズドな仲良しの友達との関係を深めるツールとして、8年にわたって日本最大級のSNSとして使い続けられている
→2011年12月のmixiクリスマスキャンペーンには257万人が参加、毎日100万人以上がアプリにアクセスし、1億7900万回以上ベルが鳴らされた。

・レシピサイト”Cookpad
→累計レシピ数は120万以上(4万冊のレシピ本に匹敵)

・アバターコミュニティ。”アメーバピグ
→登録者1000万人‐チャットやゲームを通した友達作りが中高生に人気

・飲食店レビューサイト”食べログ
→月間7億4010万PV、利用者数3265万人‐初めての店を探すときの指標になっている。

・イラスト投稿サイト”Pixiv
→約18万件以上のイラスト投稿、月間約28億PV、総投稿者数約2450万枚‐多くのファンを持つ「絵師」も生まれることも。

 

Facebookがもたらしたインパクト

サービスのほとんどが匿名だった中、”Facebook“にの普及によって、匿名から実名への波も着実に増えているそうです。ちなみに日本国内のユーザー数は、899万人(アジア7位)と伸び悩んでいるのですが、Facebookを知っている人は95%と、ついに認知度でmixiを超えるまでになったとのこと。

現在、80%以上が実名登録で、4人に1人がプロフィール写真に自分の顔を載せていることもあり、広告よりも「知っている友達のシェアした情報」を信頼するようになってきていると考えられます。

企業やブランドの好感度がアップした体験について
・70%が周囲の人に話したことがある。
・10%がウェブ上で発信したことがある。
・実名を元にした新しいプラットフォームとして企業も活用を模索している。
・東証一部上場企業のFacebookページ保有率は14.7%
・情報通信系に限れば42%以上が保有。
・2011年度の国内ソーシャルメディアマーケティング支援市場規模は推定58億9000万円、
・2015年には87億に達する見込み。

2012年6月時点でのアジアのFacebook利用者数
・1位 インド4630万人
・2位 インドネシア4258万人
・3位 フィリピン2710万人
・7位 日本899位(1ヵ月で38.5万人増、増加ユーザー数ではアジア3位)

下にあるのは今回紹介した「Social Media Revolution in Japan」の動画になります!

今回紹介した動画を見ると、近年のソーシャルメディアの勢いが伝わってきますよね。動画に紹介されていませんが、LINEやgoogle+、Pinterestなどのデータも入ってくるとさらに興味深いものになりそうですね!

[Social Media Revolution in Japan via ソーシャルメディアサミット in 関西]

(佐藤慶一)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ