インフォバーン総研「ソシエタ」は、2014年6月1日より、新メディア「インフォバーン総研」として生まれ変わりました。最新記事は「インフォバーン総研」にて、お楽しみください。


トップ
/ 事例
/ これが未来のFacebookフィードのカタチ!?ニュースフィードを3D化する実験的なサービス「LG 3D Newsfeed」が登場

LGエレクトロニクスとクリエイティブ・エージェンシー「Perfect Fools」は、LG社の‘Life is better in 3D’キャンペーンに向けて「LG 3D Studio」という、これまでになかった3D体験を提供する実験的なプラットフォームを立ち上げました。

そのプラットフォームの第一弾として生まれたものが、世界で初めてとなるFacebookのニュースフィードを3D化する「LG 3D Newsfeed」です。LGは3D対応テレビも販売しているので、これはプロモーションの一環として生まれたサービスでもあります。

通常、投稿がただ流れていくFacebookニュースフィードですが、このサービスを利用すると、さまざまな色やカタチをしたフィードが3Dブロックとして配置されていきます。

この3Dのフィードによって、これまでの「ウォール(壁)」型から「ビルディング(建物)」型へと大きく変化し、斬新なユーザーインターフェース(UI)となっています。また、いいね!やコメントの量に比例して、ブロックが大きくなっていくとのことです。

3Dメガネがあれば、すぐ未来的なニュースフィードを体験することができますし、メガネがなくても2Dバージョンでフィードの動きを見ることができます。これまでになかったFacebookフィードのカタチを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

[LG 3D Newsfeed via psfk]

(佐藤慶一)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ