インフォバーン総研「ソシエタ」は、2014年6月1日より、新メディア「インフォバーン総研」として生まれ変わりました。最新記事は「インフォバーン総研」にて、お楽しみください。


トップ
/ コラム
/ 【2012年版】世界トップ企業のソーシャルマーケティング事情




先日、米大手PR会社バーソン・マーステラが、「世界のソーシャルメディア・チェックアップ2012 ~Global Social Media Check-Up 2012~」というオンラインセミナーを開講しました。テーマは、米経済誌フォーチュンの世界企業番付トップ100社が、どのようにソーシャルメディアに取り組んでいるか。世界のトップ企業が試行錯誤をしながら、ソーシャルメディアでのマーケティングをより効果的なものにしようとしている様子が伝わってきます。

今回は、同社が公表しているインフォグラフィックに沿って、その要点を説明していきます。全編に興味のある方はこちらからどうぞ。


1.ソーシャルメディアで話題になっているトップ100社

ソーシャルメディア上で話題になることとは、TwitterやFacebookなどでその企業に関する発言がされることです。セミナーに先行した調査によると、トップ100社は、月間でなんと10,400,132回もユーザーの話題に上がっていることがわかりました。良い言及か悪い言及かはさておき、ユーザーが企業に対して強い関心を持っていることが分かりますね。更に注目すべきことは、この意見交換の内の半数以上の5,596,998回が、Twitter上でのやりとりになっているということでしょう。

上の画像の10社がもっとも頻繁にユーザーに言及されている企業です。確かにどの会社も優れたマーケティングで有名な企業です。この10社に、産業的な偏りがないところもまた興味深いですね。


2.動画コンテンツ配信メディアの躍進

企業による新しいアカウント開設の成長率を見ると、YouTubeが断トツの1位でした。2012年には前年と比べて39%も増加していて、今ではトップ100社の内の79%がYouTubeにアカウントを持っています。セミナーで講師を担当したコンサルタントによると、昨年までは、プロモーション動画は高画質、かつテレビCMのように洗練されてなくてはいけない、という共通意識があり、このことが動画コンテンツでのプロモーションへのハードルを高くしてしまっていました。ところが今年になってその考えが改められ、とにかくユーザーが喜んでくれれば何でも良いのではないか、という風向きになったのです。その影響から動画コンテンツ・メディアが盛り上がってきたのかもしれません。


3.企業からのコミュニケーションが習慣化

今回の調査で「Twitterでファンやユーザーからのつぶやきに反応する企業は79%、Facebookページのタイムラインへの書き込みにコメントする企業は70%、Facebookページを一週間以内にアップデートする企業は93%もある」ことが分かりました。昨年度の値については述べられていませんが、今年に入って企業のエンゲージメントは高まっているとのこと。トップ100社が、ソーシャルメディアを使ってユーザーとの関係を積極的に構築しようとしていることがわかります。


4.目的別にターゲット層を変えて複数のアカウントを管理する企業が増加

トップ100社が現在管理しているアカウントの平均数は、Twitterが10.1、Facebookが10.4、YouTubeが8.1、Google+が2.6となっています。企業が複数アカウントを管理する意図は、アカウント毎にターゲット層を区別し、よりきめの細かいマーケティングを行うためです。例えば、日系の会社が米国で採用活動を告知するアカウントを運営するとき、当然日本語ではなく英語で作る必要があります。あるいは、あるブランドがソーシャルメディアでクレーム対応専用のアカウントを開設しておけば、クレーム内容がブランディング用のアカウントに投稿されてイメージを下げてしまう危険を避けることもできます。世界のトップ企業の間では地域、話題、目的毎にアカウントを分けてプロモーションを行うことが一般的になっています。


5.新しいプラットフォームへの素早い対応

Google+の企業向けサービスが開始されたのは昨年11月。そして、今年の2月にはトップ100社の約半数(48%)が、既にそこにアカウントを開設しています。また、日本ではまだ馴染みの薄いPinterestというソーシャルメディアに関しては、現在、既にトップ100社の内の25%がここにアカウントを持っています。世界のトップ企業は、ここ数年間で積み重ねてきた経験を活かして素早い対応をとっています。

本セミナーでは、企業が過去の経験に学びながら、ソーシャルメディアへの取り組みを修正・改善させているということが何度も強調されました。その結果、企業は今年に入ってからより動画コンテンツに重点を置き、ユーザーとの交流を深め、目的別に複数のアカウントを管理し、新しいプラットフォームに積極的に参加するようになったのです。

常に変化を続けるソーシャルメディア。それを用いたプロモーションも改善を繰り返しながら、より洗練されたものに向かっています。

以下、今回のインフォグラフィックです。





[Slideshare]

(吉松竜太)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ