トップ
/ コラム
/ モバイル時代の到来を物語るインフォグラフィック



世界のモバイル市場が急成長を遂げていることは、皆さんもご存じのところでしょう。今回は、この成長を示すデータをインフォグラフィックで見ていきます。このインフォグラフィックは、先月始め(2012年8月現在)に、米国のデジタル・マーケティングを専門とするTrinityという企業がネット上に公開したものです。



現在、世界では60億人以上が携帯電話サービスに加入しています。なんとこれは世界人口の87%にもなります。この内、中国人インド人が世界の携帯電話サービス加入者の30%を占めており、現在もこの両国がモバイル人口の成長を牽引しています。モバイル端末の普及と共に、メディア・コンテンツ産業の拡大も期待されています。



モバイルからのインターネット利用者は12億人。全てのウェブサイトへのアクセスの内、8.49%がモバイル端末からおこなわれています。米国では、インターネット利用者の内25%モバイル端末でのみインターネットを利用するとのこと。今後、モバイル端末でできることの幅がどんどん広がっていき、この比率もそれに併せて変わっていくと見られています。



モバイル端末からの検索に関しては、昨年、前年に比べて4倍も増えました。

スマートフォンユーザーの71%が、「テレビ、モバイル、その他のメディアで気になる広告に見かけたとき」に、すぐにスマートフォンでその情報を検索すると答えています。情報が本当に身近な時代になったと言えます。

以上がTrinity社のインフォグラフィックスでした。オリジナル版を見たい方はこのリンクから見られますので、興味のある方は是非ご覧ください。

[Digital Buzz, Trinity Digital Marketing]

(吉松竜太)

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ