トップ
/ コラム
/ にわかに流行中の『スマホ×紙広告』のまとめ

1128_societta_418_01

新しい広告の形として最近よく見るのが『スマホ×紙の広告』タイプのもの。
雑誌などの広告にスマートフォンをかざすことで動きが生まれたり、ストーリーが始まったりなどインタラクティブな面白さをプラスしています。今回はそんな事例をまとめてみました。

『O Boticário』
化粧品ブランドの『O Boticário』の広告にスマホをかざせばアイメイクの仕方を教えてくれます。

『MURAT PARIS』
アクセサリーブランドの『MURAT PARIS』の事例では、ブレスレットを装着した状態の手の画像を見ることができるようになります。数種類のブレスレットが用意されていてスワイプすればそれらが切り替わっていきます。

『AXA』
保険会社『AXA』も面白い広告を展開していました。街の真ん中で積み重なった車をiPhoneを通して見ることによって、「なぜ」そうなったのかを教えてくれる、保険の大切さを伝えるものとなっています。

『Sonera』
フィンランドの携帯電話会社『Sonera』は回線の速度を訴求しようと、遊べるタイプのものを生み出しました。反射神経の良さを競う対戦ゲームです。

『Volkswagen』
広告の中の道でミニカーサイズのワーゲンを走らせることができる、ちょっと嬉しい仕掛け。

また、広告以外にもプロダクトから直接ARマーカーを読み取るという事例もあります。
イギリスのアーティスト7人を集めて、エナジードリンクブランドの『Lucozade』が展開した施策は、スマートフォンからアーティストの飛び出す限定映像を楽しむことができるというものです。


 

ちょっとした工夫で、インタラクティブな仕組みをつくりだしているこれらの手法。
特にファッション関係などで日本でも十分反応が期待できそうですね。

[via SimplyZesty]
[via Digital Buzz Blog]
[via ソーシャル王子]


Social Media Account Planners
江川昂志

 

【関連記事】
調査結果:ソーシャルメディアで100人以上友だちがいるアクティブユーザーの利用実態が明らかに
なぜマーケティングにゲームの力が必要か? 5分で分かるゲーミフィケーション
『リアルとウェブをつなげる』ソーシャル・マーケティング事例まとめ
ソーシャルギフトで『ハッピーバースデー』を形に!
ウォルマートがFacebookと組み、約3500店舗分のFacebookページを作成。より高度なパーソナライズ化が可能に…

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ