インフォバーン総研「ソシエタ」は、2014年6月1日より、新メディア「インフォバーン総研」として生まれ変わりました。最新記事は「インフォバーン総研」にて、お楽しみください。


トップ
/ 事例
/ iPhone活用で配達を!スウェーデンの郵便局が行うリアルなゲーミフィケーション事例

1003_societa04

 
スウェーデンの郵便局が行う『Sweden’s Safest Hands』という、iPhoneを活用したキャンペーンのご紹介です。
 

1003_societa03

 
iPhoneのGPS機能加速度センサーを使い、リアルの世界でバーチャルの小包を安全に目的地まで届けるという内容になっています。

 
1003_societa05

 
プレイヤーはバーチャルの自転車に積んだ小包を揺らさないように安定させて、目的地に向かわなければなりません。
そして最もはやく、安全に小包を届けることができたプレイヤーが運んだバーチャルの小包の中身を獲得することができます。

このように、スマートフォンを活用し、リアルでのアクションを促してリワード(報酬)を得るという一連の流れは、こちらの記事でも紹介させて頂いたように、トレンドとなっています。

それにしても、郵便局がこんなにアクティブで楽しげなキャンペーンを行い、リアルウェブゲーミフィケーションの仕組みを使ってキャンペーンを展開するなど珍しい事例と言えるのではないでしょうか。

この施策の詳細動画がこちらになっています。

 

 

[via digital buzz BLOG]


Social Media Account Planners
江川昂志

 
【関連記事】
ソーシャルギフトで『ハッピーバースデー』を形に!
チェックインで賞品ゲット!『NOKIA×foursquare』のスマホ自動販売機
T-Mobileの秀逸なバイラル動画5選
AR×ロケーション。TVスターと写真を撮れるキャンペーン
フォルクスワーゲンの事例から学ぶ、Twitterのハッシュタグを利用したキャンペーンで成功する秘訣

さらに詳しい紹介や事例紹介等をご希望の方は、こちらからどうぞ。
お問い合わせ